マイにち×○ざんマイ

20代後半の○○○が、仕事とは無関係のことを毎日きまぐれに書いていきます。短いは正義。わかっているけどだいたい長くなる。

ミスチルの名曲「君が好き」と「渇いたkiss」と「Another Story」

 

ミスチルの名曲はアルバム曲にこそある

 

Mr. Children、通称ミスチル。我々アラサー世代にゆるぎない人気を誇る、JPOPを代表するバンドです。私も大好きな曲が多いです。

 

f:id:nounai888:20170214173655j:plain

 

ミスチルの曲は、大きく言って以下の4つに分類できると思います。

 

 ① 自己実現系:HANABI、終わりなき旅など

 ② さわやかラブソング:youthful days、抱きしめたいなど

 ③ 社会批判系:フェイク、everybody goes ~秩序のない現代にドロップキック~など

 ④ 恋愛の本音系

 

 

私見ですが、ミスチルの本髄は④にあると思います。男のエゴ・ダークサイドがさく裂。

④は、内容的にいかにも暗くて大衆ウケしづらい感じのものが多いので、シングルではなくアルバムのみ収録のものが多いです。

 

シングル曲だけではなく、アルバム曲にも大変な名曲がたくさんありますので、ミスチルシングルしか知らないよ〜という方は是非アルバムも聴いてみてください!私のオススメは断然「It's a Wonderful World」。今日ピックアップする曲のうち「君が好き」と「渇いたkiss」もIt's a Wonderful Worldに収録されています。

 

It’s a wonderful world

 

 

窪塚洋介出演のPVも傑作「君が好き」

 

2002年1月1日に発売された、ミスチル22枚目のシングル「君が好き」。月9ドラマ「アンティーク」の挿入歌でもあった名曲。2001年10月期放映ということは、もう15年以上前なんですね。。

 

f:id:nounai888:20170214165145j:plain

 

この曲はぱっと見普通のラブソングなのですが、愛する恋人のことですら全てを理解することができない哀しみがちりばめられていて、なんとも切ないです。

 

僕の手が君の涙拭えるとしたら それは素敵だけど 

君もまた僕と似たような

誰にも踏み込まれたくない 領域を隠し持っているんだろう

 

君が好き この響きに 潜んでる温い惰性の匂いがしても

 

「君が好き」って言葉に「惰性の匂い」っていうか?!曲がりなりにもシングル曲なのに!とも思いますが、この正直さがいいですよね。

 

 

「君が好き」はPVも傑作です。物語仕立てで何度もみてしまいました。生まれながらに研究所のようなところで一般の世界から隔離されて育ってきた窪塚洋介と美女が、2人で逃げ出そうとする話です。

f:id:nounai888:20170214164645j:plain

 

 

 

水着の日焼け跡が気になってしまう「渇いたkiss」

 

彼女がほかの男に心移りしていることにうすうす気が付きながら、気づかないふりをして関係をつなぎとめようとする歌。似たような経験がある人は「わかる……わかるぜ!」という感じかもしれません(笑)

 

f:id:nounai888:20170214170605j:plain

 

はっきりとは書いてありませんが、個人的には不倫の曲なんじゃないかなーと思っています。「誰かが禁断の実摘みとり 再び次の果実が実る」とあるので。ほかの男の影をみても問い詰めるのではなく気づかないふりをしようとしていたのは、もともと自分自身も不倫相手だったからなのかなと思ったり。こんな曲かけちゃう桜井さんの恋愛遍歴が気になりますね。

 

 

最終バスで君を追いかける「Another Story」

 

メロディも歌詞も非常に穏やかな雰囲気の曲なのですが、個人的に最も男のエゴが正直に描かれた歌だと思ってます(笑)

 

f:id:nounai888:20170214171118j:plain

「Another Story」は、10枚目のアルバム「Its' a Wonderful World」収録の「靴ひも」の続編の曲と言われています

 

男性は、ぶっちゃけ恋愛ばかりに生きているわけではありません。

彼女のことは好きだけど、目の前にある仕事や趣味や他のことをつい優先してしまって、彼女をないがしろにしてしまう。彼女が遅くまで寝ずに待っているのに結局帰らない。せっかく彼女が話しかけてもいつも適当な言葉ばかり返す。それで彼女が傷ついたり、さびしい思いをしていることはわかっているのに。

 

でも、わりと女性はそのへんのことをわかっていて、彼や夫に自分が一番優先されなくても、「しょうがないな~」と思っていたりする。男性はそのやさしさに甘えてしまう。男女が付き合うというのはそういった妥協の繰り返しだったりする。

 

「恋愛は妥協の繰り返し」といってしまったら元も子もないけど、そんな元も子もない現実を描いた、隠れた名曲な気がします。

 

 

あわせて読みたい

原作に匹敵?「星の王子さま」のアニメが美しすぎる

時には昔の話をしようかー「秒速5センチメートル」の良さがわからない女子、その気持ちがわからない男子。

不健全全開!度が過ぎた下ネタ、万能ロボット、タイムワープ、同性愛 ― なんでもありの不朽の名作「パタリロ!」とりあえず10巻だけ読んどけ

堀江貴文とドランク鈴木拓は実は似ていた