マイにち×○ざんマイ

20代後半の○○○が、仕事とは無関係のことを毎日きまぐれに書いていきます。短いは正義。わかっているけどだいたい長くなる。

みうらじゅんのトークが週1で聴けるラジオを発見して歓喜したという話。

清水ミチコみうらじゅん

 

私の中で、清水ミチコみうらじゅんは、芸能人(?)の中で特別なポジションを占めています。

 

f:id:nounai888:20170228013230j:plain

 

特に芸風が好きというわけでも、ネタが好きなわけでもない。顔が好きというわけでももちろん(といっては失礼だけど)ない。

 

清水ミチコの瞬間的になにかが憑いたかのようなモノマネは天才だと思うけど、彼女のネタをあえてYouTubeとかで観ることはないし、みうらじゅんの本を買ったりしたこともない。

 

f:id:nounai888:20170228013347j:plain

 

 

彼らに敬意を抱いてしまうところは、テーマなしの出口の見えないダラダラトークだけで場が持つというそのトーク力。

 

彼らのラジオを(主にYouTubeで)聴いて、こんなダラダラトークだけで人に魅せられるってすごい!!こんな適当に話しておもしろがらせるなんてあこがれる!!と感動し、一時期はラジオパーソナリティになりたいと(割と本気で)思っていました。

しかし、彼らのトークを面白くしているのは、彼らのトーク力はもちろんだけど、その背後にある膨大なサブカル的知識と突拍子もない飛躍的な思考と発想。あとどんなつまらない話題でも多少関係ありそうで実はあんまり関係がないおもしろい話題をさっと出せるところ。

 

彼らは別にトーク力を磨こうと思ってその結果おもしろい話ができたわけではない。ラジオで話したいからラジオパーソナリティをやったわけではない。彼らが何かに突出しているから、彼ら自身がおもしろいから、話がおもしろい。ラジオで話しているのは単にその結果です。それに気づいたとき、ラジオパーソナリティになりたいというのは違うなと思いました。

 

 

Making Senseとみうらじゅんのサブカルジェッター

 

f:id:nounai888:20170228013457j:plain

 

4~5年ほど前、「Making Sense」というラジオ番組に出会いました。思えばこれがわたしに真のラジオのおもしろさを教えてくれた番組でした。

清水ミチコ三谷幸喜が、シナリオもテーマもなくただ雑談をするというだけ。だけど、これがとてもおもしろくて、平日深夜の愉しみでした。

清水ミチコはもちろん、三谷幸喜もおもしろかった。三谷幸喜は単体だとたぶんおもしろく話せない人なんだけど、彼もほんとは面白い経験や発想をたくさんもってる人だから、清水ミチコがいっしょだとちゃんと三谷幸喜のおもしろさがでるのです。

 

それでYouTubeでMaking Senseのバックナンバーを聴きまくっているうちに、右側のUp nextに出てきたのが、みうらじゅんのサブカルジェッター」

 

f:id:nounai888:20170228013657j:plain

 

これがねー、そこはかとなくおもしろいんだわ。ゲストによってはつまんなかったりするんだけど、だいたいおもしろい。全22回、YouTubeに上がってると思うから、ぜひ、ヒマなときに。おすすめです。

 

 

ついに見つけた、現在進行形のみうらじゅんのラジオ

 

Making Senseが2014年に終了しそれから約3年間、定期的に聴ける娯楽系のラジオがなかなか見つかりませんでした。

だけど、先日、見つけてしまったのです。みうらじゅんのレギュラーラジオを。

それが、いとうせいこう×みうらじゅん ザツダン+

 

内容はそのまま。いとうせいこうみうらじゅんがただただ雑談をするという番組。

中身は相変わらずきわめてどうでもよく、くだらない、時々わけがわからない。

 

なのに、聴いているともっとこれくらいどうでもいいことをきわめなければ、とか、これくらい話題をポンポンだせるようにしなければ、とか意識高くない系のモチベーションがアジテイトされます。私だけかもしれないけど。

 

実はこの「ザツダン」、去年の10月からやっているらしく、約5か月分バックナンバーがたまっていることになります。うれしすぎる!PodCastで聴けるよ。

 

あわせて読みたい

【今だからあえて】道重さゆみが可愛くてつい目で追ってしまうMV挙げてく

「受動的ビッチ」についての解説をまじめにするよ!【クズの本懐】【牧場の主】

原作に匹敵?「星の王子さま」のアニメが美しすぎる

時には昔の話をしようかー「秒速5センチメートル」の良さがわからない女子、その気持ちがわからない男子。