書籍・マンガ

ハイキュー!!が色々と凄すぎるので、9つだけ魅力を語らせてほしい

<Table of Contents> はじめに①-ハイキュー!! の魅力に捕まってしまった はじめに②-ハイキュー!!とは(と、魅力の概観) 魅力① カメラワークが凄すぎる 魅力② 表情の「凄み」が素晴らしい(というか怖い) 魅力③ 静止画で「動き」と「速さ」と「勢い」を…

信じる神がいない私たちは何を信じたらいいのか?「あの花」が提示してくれたかもしれない問題。

「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」通称「あのはな」。 2011年の代表作といわれるこのアニメ。 ジブリ以外のアニメについては全くと言っていいほど知識をもたない私ですが、何かのきっかけで、先日ちょっと観てみたのです。 傑作だった。 素晴…

トランプ流 独裁政治?「フレンドリーファシズム」ってなんだ?

トランプ流「独裁政治のつくりかた」 ジョージ・ブッシュ前大統領のスピーチライターで「悪の枢軸」という言葉をつくったことでも有名な、デービット・フラム(David Frum)氏の記事「独裁政治(専制政治)のつくりかた」(How to Build an Autocracy)が話…

「飛べない豚はただの豚」は、間違いだった。

「飛べない豚はただの豚」? 「飛べない豚はただの豚」。いまでもよく使われることばです。 これをもじって、「●●できない豚はただの豚」「●●できないデブはただのデブ」などともいわれたりします。 このことば、個人的には、かなりえげつないことばだなあと…

「ハイキュー‼」いいよね。で、いいところと残念なところをまとめてみた

最近「ハイキュー!!」読んでます。まだ7巻までですが。 おもしろくね?なんでこれ流行らないの? って思ったら、私が知らなかっただけで割と流行ってたのね。なんと、ジャンプ作品で昨年単行本売上第3位。超人気漫画だったのか。知らなかった。 出典:【2016…

「受動的ビッチ」についての解説をまじめにするよ!【クズの本懐】【牧場の主】

「受動的ビッチ」とは 「受動的ビッチ」という種類の人間がいます。 注・佐野ひなこが可愛くてこんな子がビッチだったらいいな(変態麦目線の妄想)とちょっと思ってしまっただけで、佐野ひなこがビッチという意図はみじんもありません。ご容赦ください。 現…

原作に匹敵?「星の王子さま」のアニメが美しすぎる

女子がたいてい好きな「星の王子さま」 聖書の次に世界中で読まれているといわれている、サン=テグジュペリの名作「星の王子さま」。 わたしも大好きです。てか女子はだいたい好き。男性のみなさんは彼女や奥様と箱根に行ったときは、「星の王子さまミュー…

時には昔の話をしようかー「秒速5センチメートル」の良さがわからない女子、その気持ちがわからない男子。

なぜか男ウケがはんぱない「秒速5センチメートル」 新海誠監督の 「君の名は。」の大ヒットで、同監督の作品であるショートムービー「秒速5センチメートル」も一躍有名になりました。 この「秒速5センチメートル」、女性より男性に評判がいいんですよね。私…

ゾロ、我愛羅 、ウルキオラ、王天君ー 目の周り黒めのキャラってイイよね

突然ですが、「なんだかよくわからないけど目の周りが黒いキャラ」が好きです。 これに極度に弱い女子は一定数いるはず。中学生のときとか、コアなキャラのはずなのに「なんかカッコイイよね」と妙に好きなキャラが被る友人がいたのですが、大抵コレでした。…

不健全全開!なんでもありの不朽の名作「パタリロ!」―度が過ぎた下ネタ、アンドロイド、タイムワープ、同性愛 ― とりあえず10巻だけ読んどけ

ドラえもんより不健全、クレヨンしんちゃんよりきわどい耽美派漫画 「そっくりだ」何が? 冬休みに読みたい!「堀さんと宮村くん」のすすめ。という記事を書きましたが、 最近「パタリロ!」熱が再燃しているので(私の中で)、冬休みになんか読みたいという…

「堀さんと宮村くん」のすすめ。

WEB漫画の金字塔「堀さんと宮村くん」 私は、なにを隠そう漫画好きです。 しかし、読むのはもっぱら雑誌の漫画(ほぼジャンプ)。Web漫画は読みません。少し読もうとしたことはあるけれど、おもしろくなくて続きませんでした。 そんな私が、唯一完読したWEB…

君の名は。は素敵な映画だけど、ちょっと物足りないと思ってしまった。

君の名は。は総合点の高い良映画である。 もはやいまさら感あるけど、 君の名は。、観ました。飛行機の中ですが。 評判どおり、いい映画でした。独断で良いと思った点を紹介します。 ① 映像の綺麗さ まず、映像がハンパなく綺麗。何を差し置いてもまずこれ。…

村上春樹ファンをただのミーハーと思っている人へ。

「ハルキスト」は「意識高い系(笑)」なのか。 私は、村上春樹の小説が好きだ。 でも、「村上春樹を好き」ということは、なんとなくヒトに言いづらいところがある。村上春樹は日本の現代作家で最も人気かつ有名な作家の一人である。ノーベル文学賞候補にも…

堀江貴文とドランク鈴木拓は実は似ていた

仲良くろくろを回す堀江氏とドランクドラゴン鈴木氏 堀江さんもドランク鈴木さんもよく人となりを知っているというわけではないが、彼らのインタビュー記事(リンクは一番下に掲載)を読んで、この2人の考え方はかなり似ているものがあるな、と思った。 彼ら…

ネットじゃダメなの? 本を読む習慣は必要か。改めて考えてみた

本を読むべきだ。インターネットでどんな情報でもすぐに手に入るようになったいまでもそういう意見は根強くある。 本を読んだ方が読まないよりかは「ベターである」ことは誰でもわかる。でもいつ何時も本を読む必要はあるのだろうか?必要に迫られたとき、気…

「努力・友情・勝利」からみるナルトとワンピースの対照性、そしてデスノートの特殊性

ジャンプがなかなかサービス精神旺盛なアプリを出している。 ワンピース、ナルト、銀魂が毎日1話ずつ無料で読めるというアプリ。改めて買うほどでもないけどもう一度読み返したい名作たちだし、毎日1話というのも(もどかしい反面)時間を取られすぎないので…